VIDEO

一見の価値あり!アクティブトラックを成功させる大事な5つのルール!

本動画では、Mavic Proのアクティブトラック機能について詳しく説明をしています。
アクティブトラックを使えば、後方あるいは並行した動画撮影ができるのですが、
機能上の特徴をきちんと把握しないと失敗しがちです。
まず、アクティブトラックが成功しやすい状況は
被写体と背景の(白と黒の)コントラストがハッキリしている天候時です!
そうでないと、カメラがきちんと被写体を認識しなかったり、
途中で見失ってしまうそうです。
その原因は被写体と背景の色が溶け込んでしまい、
ドローンが被写体を認識できないからです。
また、ドローンが被写体を認識する時間が限られている場合は
素直にマニュアルで撮影したほうが良いとのこと。
そして橋の近くでアクティブトラックを使うのは厳禁です!
アクティブトラック中に障害物に接触して
墜落する原因となりますのでご注意ください。
投稿者のまとめによると
①事前に計画を立てること
②視界を良好に保つこと
③背景と被写体のコントラストがはっきりしている天気を選ぶこと
④橋などの障害物の周りでは飛ばさないこと
⑤あとは練習あるのみ、とのこと!


Mavic Proの購入はこちら

https://tohasen.com/category-134/dji-mavic-pro-ja-2/dji-mavic-pro-ja/

0