VIDEO

強い日差しの時にドローンを安全に飛ばす3つの賢い方法!

強すぎる太陽光はお肌だけの敵ではありません。
精密機械にとっても天敵で、ドローンの場合は飛行時間の減少や
バッテリーのエラー、モーターの過熱、接続不良の危険をもたらし、
最悪の場合は墜落の原因となります。
このような問題の解決法の1つは日差しの強いお昼の時間帯を避け
なるべく午前または夕方に飛行させることです。
また、ドローンを使わないときは太陽光に晒すのではなく、
ケースの中で保管するようにしましょう。
2つ目の方法はバッテリーの温度が急激に変わるような状況を避けること。
なぜなら急激な温度変化はバッテリーが故障する原因となるからです。
これを避けるためにも、ドローンから抜き出したバッテリーを
太陽光が注ぐ車内等に放置しないように心がけましょう。
3つ目は強い日差しによるブラックアウトからスマホやタブレットを守ることです。
そのためには不要なアプリを閉じて電力消費を抑えることが重要です。
また、日差しが強い日はデバイスの操作画面が見えにくいですが、
サンフードを装着すればはっきりと見えるのでお勧めとのこと。
そして究極の解決法はDJIが発売している
専用タブレットであるCrystalSkyを使うことです!
強い日差しであっても、大容量バッテリーとサンフードを必要としない
高い輝度が操作を容易にします。
動画投稿者のトムさんも、CrystalSkyはDJIが販売しているキットの中で
最もお気に入りとのことです!

 

CrystalSkyの購入はこちら
https://tohasen.com/category-239/dji-ja-ja/dji-crystalsky/

1