VIDEO

進化するプロポ!DJI Smart Controllerの利点が分かる3つの特徴!

DJIはControllerの最新作としてDJI Smart Controller
(以下Smart Controller)を発売しました。
本動画の投稿者であるTomさんは、Smart Controllerの特徴を
わかりやすくまとめて説明してくれました。
1つ目は、ディスプレイの大きさが通常のスマホの2倍であること。
これはiPhoneシリーズの最新作であるXSの画面の大きさを凌駕します。
2つ目は屋外での過酷な寒さに耐えられること。
なんとSmart Controllerはマイナス20度でも問題なく作動します。
Tomさんによれば、iPhoneは事前に温めていたにもかかわらず、
マイナス5度の寒さに耐えられなかったとのこと。
ただ、注意点がいくつかあります。その1つ目は伝送距離。
最新のControllerであるにも拘らず、伝送距離に更新はありませんでした。
最大伝送距離はアメリカでは8㎞、ヨーロッパでは5㎞です(日本では4㎞)。
2つ目はSmart ControllerにSIMカードスロットが搭載されていないことです。
そのため、Smart Controller のみでは野外で
インターネットに接続することはできません。
3点目はバッテリーの持ち時間と充電時間について。
CrystalSkyが誇る高輝度の代償とはいえ、バッテリー時間は
2時間半とそこまで長くないことです。
しかもバッテリーが最大まで充電されるにはかなり時間がかかるとのこと。
とはいえ、Smart Controllerは野外で快適かつ安全にドローンを飛ばす上で、
心強い味方になることは確かです。
特に極寒の環境で飛ばすなら、Smart Controllerをおいて他にはないでしょう!


DJI Smart Controllerの購入はこちら

https://tohasen.com/category-134/dji-mavic-pro-ja-2/dji-mavic-2/dji-smart-controller/

0