製品に関してのFAQ -Inspire2- /01:機体について

Inspire2

※こちらの情報は2016年11月18日現在 海外版FAQのものです。
※今後の改修・アップデート等により、日本仕様では変更になる可能性もございます。
最新版はDJI公式サイトをご確認ください。

※一部代理店向け体験会にて説明をうけた情報を含みます。



1:機体について

%e6%ad%a3%e9%9d%a2

Inspire2のフライトの最速スピードは?

・最速の上昇スピードは6m/s(Sport Mode)
・最速の下降スピードは、垂直で4m/s、斜めに下降で4~9m/s
 ※デフォルト設定の傾斜時スピードは4m/sで、アプリ側で設定可能です。
・最高時速は94km/h(Sport Mode)

 

最大のフライト時間は?

・Zenmuse X5S搭載の場合は25分、Zenmuse X4Sの場合は27分。
 ※カメラなしで飛行させた場合は、31分。

 

Inspire2は、どのカメラ、ジンバルと互換性がありますか?

・現在はZenmuseX5SとX4Sに互換性があります。
 ※Inspire1のカメラ X5/X5Rとは互換性がありません。これはInspire1ではカメラ側で制御していたのを、Inspire2では本体側で制御しているため(なのでメモリーカードスロットもInspire2は機体本体にあり)

※今後、Zenmuse XTなど、一部の特徴的な産業用カメラと接続させるジンバルが発売される可能性もある、かも。

 

Inspire2購入時にカメラとジンバルも含まれますか?

カメラとジンバルは別売りになります。

※X5SでProResを利用する場合は、別途 License Keyが必要となります。
 現状、License Keyの販売は代理店を挟まない方式で検討されています。

 

Inspire2は衝突回避機能を搭載していますか?

はい。機体正面のビジョンSystemは30m先までの障害物を検知します。
上向きの赤外線センサーは5mの範囲内の障害物を感知することができます。

%e5%85%a8%e9%9d%a2 %e8%83%8c%e9%9d%a2

 

Inspire1のプロポはInspire2に対応していますか?

いいえ。Inspire2にはInspire2のプロポが必要です。

 

Inspire2はMasterとslave仕様に対応していますか?

はい。Masterとslave間の最大有効距離は100mで両方のプロポは同じHD画質のライブビューを受信します。

 

Inspire2は以前のZenmuseシリーズのジンバルカメラを互換性はありますか?

新しくリリースしますZenmuseX4SとX5S向けの仕様となっています。

 

Inspire2にはMicroSDは付属しますか?

はい。16GBのMicroSDカードが付属します。最大128GBのMicroSDカードが使用できます。

 

対応しているMicroSDカードは?

DJI側で動作確認をしたカードは下記の通りです。

・Sandisk Extreme 32GB UHS-3 V30 MicroSDHC;
・Sandisk Extreme 64GB UHS-3 V30 MicroSDXC;
・Panasonic 32GB UHS-3 MicroSDHC;
・Panasonic 64GB UHS-3 MicroSDXC;
・Samsung PRO 32GB UHS-1 MicroSDHC;
・Samsung PRO 64GB UHS-3 MicroSDXC;
・Samsung PRO 128GB UHS-3 MicroSDXC;

 

Inspire2のサイズは?

L42.7cm×H31.7cm×W42.5cm (プロペラなし/landing Mode)

 

Inspire2はどんなモーター、プロペラを使用していますか?

3512モーター、1550Tプロペラです。

 

Inspire2には高地用のプロペラは付属しますか?

いいえ。別売りとなります。
Quick Release Propellers for high-altitude (2500-5000m向け)

 

Inspire2の推進SystemはInspire1よりも改善されていますか?

はい。Inspire2は3512モーターと1550Tプロペラを新たに使用しています。
各ローターの最大推力は最大2kgに達します。数千時間にも及ぶテストから最高の安全性と信頼性を確保しています。

 

Inspire2のインテリジェントフライトバッテリーは飛行機機内に持ち込めますか?

Inspire2のインテリジェントフライトバッテリーの容量は97.5Whです。
ほとんどの航空会社は100Wh以下のバッテリーは機内持ち込み可能ですが、航空会社や地域によって規制は異なる場合があるため、航空会社または規制当局にお問い合わせください。

 

Inspire2のスペックは?

機体 (モデル:T650)

重量 3,290g (2個のバッテリーを含む、ジンバルとカメラは含まず)
対角寸法(プロペラを含まず) 605mm (ランディングモードの状態)
最大離陸重量 4,000 g
運用限界高度 (海抜) 2,500m(標準プロペラ使用時)、5,000m(高地用プロペラ使用時)
最大フライト時間 約27分 (Zenmuse X4Sを取り付けているとき)
最大傾斜角度 Pモード:35°(下方向のビジョンシステム有効時)
Aモード:25°
Sモード:40°
最大上昇速度 Pモード/Aモード:5m/s、Sモード:6m/s
最大下降速度 垂直:4 m/s、チルト:4~9m/s、デフォルトのチルト7m/s。アプリで設定可能。
最大速度 94km/h
GPSホバリング精度 垂直:±0.5mまたは ±0.1 m (下方向のビジョンシステム有効時)
水平:±1.5mまたは±0.3 m (下方向のビジョンシステム有効時)
動作環境温度 -20~40℃

下方のビジョンシステム

対応速度 高度2mで10m/sの速度で飛行するとき
対応高度 <10 m
動作範囲 <10 m
動作環境 地表の模様が明瞭で、適切な明るさのある状態 (15 ルクス超)
超音波センサー動作範囲 0.1~5m
超音波センサー動作環境 非吸収性の固い地表 (厚い屋内用カーペットは性能が低下します)

上方のビジョンシステム

障害物検知範囲 0~5m
障害物検知角度 ±5°
動作環境 表面が平坦ではなく、高反射率で大きな物

充電器 (モデル:IN2C180)

電圧 26.1 V
定格出力 180 W

充電ハブ (モデル:IN2CH)

入力電圧 26.1 V
入力電流 6.9 A

ジンバル

角度ぶれ範囲 ±0.01°
操作可能範囲 ピッチ:-130~+40°、ロール: ±20°、パン: ±320°
最大制御スピード ピッチ:90°/s、ロール: 90°/s、パン:90°/s

前方ビジョンシステム

障害物検知範囲 0.7~30m
障害物検知角度 水平方向:60°、垂直方向:54°
動作環境 地表の模様が明瞭で、適切な明るさのある状態 (15 ルクス超)

送信機

動作周波数 2.400~2.483GHz
最大伝送距離 4km (日本仕様)
(障害物および干渉がないこと)  
バッテリー 6000mAh 2S LiPo
出力電力 9 W (Not supply power for mobile device)
USB電源 iOS:1 A @ 5.2 V (最大)、 Android:1.5 A @ 5.2 V (最大)
動作環境温度 -20~40℃

インテリジェント・フライト・バッテリー
(モデル:TB50-4280MAH-22.8V)

容量 4280 mAh
電圧 22.8 V
バッテリータイプ LiPo 6S
電力量 97.58 Wh
正味重量 515 g
充電温度 5~40℃
動作環境温度 -20~40℃
最大充電電力 180 W