VIDEO

驚愕!Mavic 2 Pro採用のアクティブトラック2.0の実験が予想外の顛末!

Mavic 2 Proに初めて搭載されたアクティブトラック2.0の最大の特徴は、
障害物を避けながら目標物を(しかも最大時速72㎞の速さで!)
自動追跡できることです!


それ以前のモデルであるアクティブトラック1.0では、
自動追跡中に障害物センサーはオフになるので、
冷や冷やしながらドローンを見守っていた方も多いのではないでしょうか。


さて、本動画ではMavic 2 Proの障害物センサーを試すべく、
意地悪にも草木や枝が生い茂る森林でテストしています。


テストの方法は2種類!まずは散策する投稿者を背後から追跡します。
投稿者はなんと途中で左折して、
Mavic 2 Proがわざと枝にぶつかるよう仕向けます。


しかし!Mavic 2 Proは動じません!
なんと、きちんと停止して衝突を回避するではないですか!


今度は木々の中を飛行するよう敢えて追跡させますが、
それでも衝突に「失敗」してしまいました。
なおも歩みを止めない投稿者ですが、
逆にMavic 2 Proは枝や葉を感知して時折その場で留まります。


投稿者によれば「これは良いストップだ。
ドローンの障害物センサーは葉を検知しづらいからね」とのこと。


そんなMavic 2 Proも、葉っぱに「最初の接触」をしてしまいます。
その後、プロペラが枝葉に接触するなど不気味な前兆が出始め、
とうとう墜落してしまいました・・・。


次に投稿者は自転車に乗る自分をMavic 2 Proに追跡させました。
最大時速72㎞でもアクティブトラックは機能しますので、
自転車を追うことくらいなんてことはありません。


途中、機体上部が枝葉に接触してしまいますが、
それでも飛行は継続しています。
ただ、投稿者の姿を見失ってしまったようですが・・・苦笑


さて、投稿者の結論としては現時点のDJIが提供する
ドローンのラインナップの中でMavic 2 Proはもっともお勧めとのこと!!
今回の検証ではプロペラに多少ヒビが入ってしまいましたが、
同じことを(おなじく回避機能・APASが搭載されている)Mavic Airで試したら
「確実に死んでいた」とのこと。


Mavic 2 Proはそれなりの価格帯に位置するドローンではありますが、
衝突や墜落、喪失をできるだけ回避したい方にとっては
むしろお手頃に感じられるかもしれませんね!

 

Mavic 2 Proの購入はこちら
https://tohasen.com/category-134/dji-mavic-pro-ja-2/dji-mavic-2-pro/

0