VIDEO

Mavic Airが2019年も引き続きコスパが最強である3つのワケとは!?

Mavic 2シリーズの登場はMavic Airの位置づけに果たして
どのような変化を与えたのでしょうか?

 

本動画の投稿者によれば、Mavic Airは2019年に突入しても
最もお買い得なドローンであるとのこと!

 

理由の1つ目はサイズが小さいこと。
動画の中でiPhone Xと比較していますが、そのコンパクトさは一目瞭然!
Mavic Proと比較してもコンパクトなのは明らかですが、
最新作のMavic 2シリーズが巨大化したことで、
Mavic Airのコンパクトさは一層際立つようになりました。

 

2つ目は価格。Mavic 2 Proが20万円近い価格に対して、
Mavic Air単体なら104,000円ですので、Mavic 2 Proのおよそ半額です。
ではMavic 2 Proの性能はMavic Airの2倍でしょうか?
いいえ、そんな事はありません。

 

3つ目は画質。Mavic Proの最大ビデオビットレートは
60Mbpsであるのに対し、Mavic Airは100Mbpsです。
Mavic Pro で撮影した動画があまり色がハッキリしないのに対し、
Mavic Airが撮影した動画は色がハッキリしています。

 

最後に、投稿者は比較の公平を期すために
Mavic Airの弱点についても述べています。

 

1つ目は機動性。Mavic 2 Proは新しいプロペラを搭載している為、
非常に素早く飛ぶことが出来るのに対して
Mavic Airは追いつくことができません。

 

2つ目は伝送距離。Mavic Air はOcuSyncではなく
WiFi方式を採用しているので、電波の接続具合が
他のMavicシリーズに比べて劣ってしまいます。

 

3点目はバッテリーの持ち時間について。Mavic Airは21分であり、
Mavicシリーズの中で最短です。
とはいえ、肉眼で見える範囲で飛ばすなら
これらの欠点はそこまで気にならないのではないでしょうか。
しかも同じ4Kの画質なのにMavic 2 Proの半額で購入できる
Mavic Airはかなりお買い得と言えるでしょう。

 

Mavic Airの購入はこちら
https://tohasen.com/category-134/dji-mavic-pro-ja-2/dji-mavic-air/

1