VIDEO

Osmo Action vs Osmo Pocket!9つのポイントから機能比較してみた!

DJIはアクションカメラのマーケットに新機種である
Osmo Actionを導入しました!
しかし、つい最近同社は3軸ジンバルを搭載し、
4K 60fpsビデオを撮影可能なOsmo Pocketを発売したばかり。
いったいどちらが「買い」なのでしょうか?

 

投稿者のマルコさんの比較は判断に迷うアナタにとって助けとなるでしょう。
マルコさんは動画や画像などを横並びにして比較し、
わかりやすく解説してくれています。

 

まずイメージの安定性についてはどちらも優れているとのこと。
実際、どちらがどっちなのか私もわかりませんでした。
また、視界の範囲についてはAction(145度)のほうが
Pocket(80度)より良いとのこと。

 

音についてもActionに分があるとのこと。
ただし、追加キットを購入することで
Pocketの音質も向上させることができます。

 

画質と色合いについてもActionの方がキレイであるとのことでした。
映像はシャープでダイナミックなActionの方が優勢だそう。
色合いに関しては互角の勝負でした。

 

次にバッテリーですが、Actionが着脱可能なタイプであるのに対し
Pocketは内蔵型なので、もし水没した場合は
USBケーブルを指している時でしか撮影できなくなるでしょう。

 

映像の選択ですが、ActionはHDRを4Kで撮影でき、
240fpsでスローモーション撮影が可能です。
対してPocketにはHDR機能が搭載されていません。
また、全体的なことですが、Actionは2つのスクリーンがあるので
Pocketよりもディスプレイが断然広いです。

 

防水に関してはActionは水深11mまで防水機能があるのに対して
Pocketにはないので、別途ケースを購入する必要があります。

 

マルコさんによれば結局どちらを選ぶかは
ユーザーが撮影したいものによって左右されるとのこと。
例えば、Actionはアクション映像を撮影する時や
天候が悪い時にオススメとのことでした。

 

Osmo Actionの購入はこちら
https://tohasen.com/category-148/dji-osmo-ja-ja/dji-osmo-ja-2/dji-osmo-action/

1