VIDEO

ドローンにパラシュート!?ParaZero社のSafeAir Phantomが革新的!

MavicやPhantom、MatriceといったDJIのハイエンドシリーズは
その高い信頼性から落下や墜落の危険性が
他社製ドローンに比較して非常に少ないです。

 

ただ、突風やビル風などユーザーやドローンの設計が
予測・対応しきれない状況が発生する可能性はゼロではありません。
仮に墜落した場合、高額なドローンの損失に留まらず
人や物に甚大な被害をもたらすこともあります。

 

このような状況に対処するため、ParaZero社が開発したのが
Phantomに装着可能の「SafeAir Phantom」です。

 

これはドローンが飛行中に何らかの原因で停止した場合に
完全自動でパラシュートを展開するシステムです。
本動画ではParaZero社の担当者である
Oren Aviramさんが重要な説明を行っています。

 

1つ目は、SafeAir Phantomの重さは160g前後であり、
Phantomの飛行時間に与える影響が最小化されていること。

 

2つ目はPhantomの上部にはGPSが設置されていますが、
SafeAir Phantomがその上に設置されても
GPSの受信に支障はないとのことでした。

 

同社はすでに同様のシステムをDJIの大型ハイエンド機である
Matriceシリーズ向けに開発していますが、
こちらは火薬式でパラシュートを展開するのに対し、
SafeAir Phantomは機械的なので安全かつ特別な資格が必要ないだけでなく
繰り返し利用出来る利点があります。

 

SafeAir Phantomの購入はこちら
https://tohasen.com/category-4/parazero/category-301/parazero-safeair-phantom/

 

 

1