VIDEO

機能と画質をガッツリ比較!Spark vs Osmo Pocketの意外な違いとは!?

すでにSparkを持っている人は、去年12月にDJIから発売された
Osmo Pocketを買うべきでしょうか?

 

似た価格帯の両機ですが、既に片方を買っている人も
どちらか1つを買おうか迷っている人にとっても本動画は参考となるでしょう。
投稿者によれば、見た目が似ている両機のカメラには大きな違いがあるそうです。

 

Osmo Pocketは3軸ジンバルが搭載されており、
ティルト・ロール・ヨーイングといった動きに対応しています。
一方、Sparkは2軸ジンバルであり、ティルト・ロールには
対応しているもののヨーイングはできません。

 

また、電気式の画像安定システムを搭載しています。
カメラの焦点距離はSparkが25mmのF2.6広角レンズで、
Osmo Pocketは26mmのF2.0広角レンズです。

 

シャッター速度についてはSparkが2秒~1/8000秒で、
Osmo Pocketは8秒~1/8000秒です。

 

最大静止画サイズはSparkが3968×2976に対し
Osmo Pocketは4000×3000です。

 

写真フォーマットはSparkがJPEGのみ対応に対し、
Osmo PocketはJPEGとRAWに対応しています。

 

ビデオモードの比較では、Osmo Pocketの動画解像度が
フルHDの場合は1080P 30/60、4Kの場合は3840×2160であるのに対し、
Sparkは1080P 30のフルHDしか選ぶことができません。

 

最大ビデオビットレートはSparkが24 MbpsでOsmoは100Mbpsです。
以上が相違点ですが、共通点としてはカメラセンサー(1/2.3 CMOSセンサー)、
画質(12メガピクセル)、最小シャッター速度(1/8000)が挙げられます。

 

ここまで数値を並べましたが、実際の画質はどれだけ違うの?
というのが正直な感想ですよね。
見やすい比較動画が本編開始から2:40秒後に見ることができますので、
皆さんの目で是非ご確認ください!

 

Osmo Pocketの購入はこちら
https://tohasen.com/category-148/dji-osmo-ja-ja/dji-osmo-ja-2/dji-osmo-pocket-special-offer/

1